ポポたんこぶ

ochichiro.exblog.jp

カテゴリ:映画・ドラマ( 195 )

セリーナとブルース

最初セリーナはブルースのことを
いけ好かない金持ち!程度にしか思っていなかったと思う。
仮面パーティーにあらわれネックレスを取り返しに来て
自分がセリーナ・カイルだということも突き止められムカムカっと<`~´> 
腹いせにランボルギーニーを盗んでやったワンヽ(*´∀`)ノ

だけど、クリーン・スレイドを餌に騙され
ブルースの指紋を盗んだことによって彼を破産させてしまった罪悪感(;´д`)
。。。
ブルースの頼みとは言えバットマンをベインのところに
案内するが自分の身を守るためバットマンをはめてしまう。
その時ベインの口からバットマンがブルースだと知り驚愕Σ(゚д゚lll)
目の前でブルースが半殺しの目にあうのを見ているしかない。。。
再び罪悪感とベインに対する真の恐怖心でいっぱいになる。
セリーナは逃亡しようとします。
が知事誘拐の犯人としてデント法により投獄。
そのごベイン一味のゴッサムの浄化のため囚人開放。
半殺しのブルースは世界の果てに投獄されるが復活!
セリーナの前にあらわれます。

その時のセリーナの表情がたまりません!
彼の姿を見た瞬間、ふにゃっと崩れ落ちそうな表情をします。
そして溢れそうな涙をぐっとこらえるようにキリッとするんだけど
私はあの瞬間に恋に落ちたんだと思います。
あのシーンがとっても大好き(*´ω`*)
とどめがですね、セリーナはブルースに小悪魔的憎まれ口をきくわけです。
そこでブルースは「君はそんな女じゃない!」ってキッパリ言うんですよ。

惚れます!

今まで近づいてきた男たちは
彼女の美貌や犯罪力を利用しようとするゲスな奴らばかり。
馬鹿な女呼ばわりしたり、セクシーだが死んでもおしくないなんて
酷いこと言う奴とかね。

それが
「君はそんな女じゃない」って
あんなにひどい目に合わせてしまったのに爽やかな笑顔でそんなセリフを・・・
惚れます!
by ochichiro | 2012-09-07 22:00 | 映画・ドラマ

ミランダ(タリア)とブルース

いろんな感想を読むと
なんでミランダとブルースがいい仲になったのかわからない?
的なことが結構書かれてありました。

私は別に二人がいい仲になったとは思ってないです。
たった一回勢いでエッチしちゃっただけだと。

ブルースはじいや二人にミランダは美人だ美人だと
言われてもしれっとしてた。
資金集めのパーティーでご対面した時だって
別に心動かされた様子はなかった。だからこそ
なんでエッチしちゃったかわからない???なのかな。

あの時ブルースはボロボロ状態。
レイチェルにふられたことは決定的だし、じいやは本当に出ていっちゃうし
セリーナに指紋取られたおかげで破産に追い込まれちゃうし
ランボルギーニーはレッカー移動されちゃうし
雨に濡れるし自分の家なのに鍵を開けたこともない!じいやがいないから
家にも入れない!
そんな時に「あなたのご両親の家は私が守るわ」
なんて言う肉食系の女が目の前にいたらそうなっちゃうでしょう!
このことがレイチェルの影をとっぱらう出来事にもなったかなと思います。
なので「あのシーンは必要なかった」
という感想もありましたが、セリーナと結ばれるためには
必要な儀式であったと思うのです。
by ochichiro | 2012-09-07 21:19 | 映画・ドラマ

ダークナイト・ライジズ  じいやとぼっちゃん

さみしー。ノーラン版バットマンがこれで終わってしまった。
あまりの寂しさに5回見に行きました。行ってよかった。
一回目でやめてたら
「やっぱりダークナイトのが面白かったな。ベインなんてただの筋肉バカじゃん」
で終わっていたかも。
二回目で「あれ?もしかするとこっちのが面白いかも?」
と思い三回目で「いや!こっちのほうが面白い!!!」

適当に思いつくまま感想を記録しておきます。

まずじいやことアルフレッドとの別れ。

アルフレッドはぼっちゃんのために身を引きます。
自分がそばを離れることで、ぼっちゃんが目を覚ましてくれると信じて。
最後の切り札、レイチェルがぼっちゃんをフッたことも伝えます。
私はブルースも薄々気付いていたんだと思うんですよ。
だけど認めたくない!相手は死んじゃったわけだから確かめようもないし。
でも潜在意識は知ってるわけで。。。認めたくない自分。。。
引きこもるしかないわけです。でも八年間は長い。。。潮時。。。

とはいえアルフレッドには腹がたつ。八つ当たり。
で「ぐっばい。。。あるふれっど」となるわけですが
本当に出て行っちゃうとは思ってない。
じいやなんだから
どんなに冷たくしても我がママ言っても絶対そばにいてくれる!
という安心感があるから辞めると言うじいやを引き止めなかった。
その証拠にチャイムを何度もならされ「アルフレッド!」っていうわけです。
何でドアを開けないんだよーみたいな。いなくなっちゃうなんて思ってない。

でもじいやは去ってしまった。。。
チャイムの相手はもうひとりのじいやルーシャス。
ブルースがハメられ破産したことを伝えに来たのでした。
by ochichiro | 2012-09-07 20:57 | 映画・ドラマ

ダークナイト・ライジズ

ヒースのジョーカーがあまりにも素晴らしく
ヒースが亡くなったことにより、伝説になったダークナイトの次回作。
しかもシリーズ最終作。

アン・ハサウェイのキャットウーマン
あっぱれ!
e0028766_22274938.jpg



e0028766_22254940.jpg

by ochichiro | 2012-08-01 22:28 | 映画・ドラマ

永遠の僕たち

e0028766_212428.jpg


暮れの30日だったかな?
大掃除しろよって日にこれを観に行きました。

綺麗な映画。

そしてなんといっても加瀬亮!
英語の発音がとってもキレイ。
渡辺謙みたいに力はいってなくてすごく自然。
最近浅野忠信ハリウッド進出してるけど、加瀬亮の方が活躍できそう。
by ochichiro | 2012-01-27 21:06 | 映画・ドラマ

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

e0028766_20403923.jpg


面白カッコイイ!
スパイコメディって初めて見たのはゲットスマートかな?
個人的にはゲットスマートの方が好きかな(アン・ハサウェイもでてたし)

運がいいとねお客さんのノリが良くて
ところどころで笑いが起こるんだけど、今回はしーんとしてた。
面白かったんだけど(・ω・`*)ネー。

妄想でダニエル・クレイグだったらって
想いながら観てたけど
案外彼の方がよかったかも。。。
by ochichiro | 2012-01-27 20:46 | 映画・ドラマ

コンテイジョン

e0028766_19462080.jpg


観てきました。
こんだけ豪華キャストなら
例え面白くなくても文句なし!と心に決めて。
思った以上によかったです。
今の日本の状況とリンクします。
ラストの第一日目が一番怖かった。

マット・デイモンがおとーちゃんでした。
おとーちゃん。

そして
今まではあまり好きな顔ではないと思って
全然興味のなかったグウィネス・パウトロが個人的に一番よかった。
彼女の演技にノックダウン。
頭皮ベロンって。。。
by ochichiro | 2011-11-19 19:46 | 映画・ドラマ

SUPER 8

e0028766_16572782.jpg


なんの心の準備もなく、時々ふっと襲われる感情
「。。。遠くに来ちゃったな。。。」
この映画も、そんな現実を突きつけられる一つでした。

こういう作品を心から楽しめなくなっている自分。
でも、夢中で観てた時代があったのよ~。寂しいな~。

いや、でもそんなあなたも必ず笑えるシーンがあります。

終わってもすぐに席を立たないでください。
エンドクレジットで流れる作品は最高。
ここで笑いが起きました。
身も蓋もないけど、これのために本編があったんじゃなかろうか?
という気がしないでもない。
by ochichiro | 2011-06-29 17:06 | 映画・ドラマ

X-Men: First Class 二回目

e0028766_22372476.jpg


一応X-Menを観て感想ブログもいくつか読んで二回目に挑みました。
最初の新鮮な感動が色あせない。
「?」だった部分が「そうか!こういうことだったのか」
とか、ちょこっと仕入れた知識のお陰でかなり美味しかったです。

とにかくみんなカッコイイ!(もちろんエリックが一番だけど)
ケビン・ベーコンでさえもカッコイイ?
あのヘルメットをかぶるとつぶれたお鼻がキュート。

私にとっていい映画は、自分がそこに溶け込めるもの。
スーパーマンではアメリカ人に、ゴッド・ファーザーではコルレオーネファミリーに
バンド・オブ・ブラザースではEasy companyに
そして First Class ではベタですがミュータントになりきっちゃいました。

アレックスが小塚たかちゃんにそっくりです!
たかちゃんミュータントでもおかしくないです。
それくらい超人的な演技ですもの。
by ochichiro | 2011-06-24 22:38 | 映画・ドラマ

Michael Fassbender 続き

e0028766_21242011.jpg


e0028766_21244296.jpg


e0028766_21251223.jpg

by ochichiro | 2011-06-20 21:25 | 映画・ドラマ